秋田を代表する黄金といえば、まずは稲穂をイメージします。秋、見事に垂れた稲穂が一面を黄金色に染める様は、豊かさの象徴に感じられます。金色は、メダル・トロフィー等のように最上級を称えるために、あるいは建造物に施す等して力をあらわすようにも用いられます。高貴な色として真っ先にあげられるものでしょう。アクセサリーの人気が根強いのも当然のものと思われます。