”いぶりがっこ”に代表される秋田の漬物は、作物や気候をいかした大切な食文化のひとつです。紫色の漬物としては、なす漬けやぶどう漬けなどがあります。青・紫・赤のどの色味が強く出るかそれぞれ違って、味だけでなく目にも楽しむことができます。高貴なものに使われることもある紫色、どこか不安を感じさせることもあり神秘的で不思議な魅力の色のようです。